マミーディア くらしのマミーディア

ゴールデンウィークに行きたい東武東上線おすすめスポット

2018年3月26日 カテゴリ:


ゴールデンウィークに家族で行きたい東武東上線のおすすめスポット3選「ゴールデンウィークくらい家族でゆっくりとお出かけしたい!」
「子どもを思い切り遊ばせてあげたいけど、あまり遠出はしたくない……」
小さなお子さんがいると家族でのお出かけが楽しいですが、あまりに遠出となると少々大変ですよね。とくに、人が多く集まる有名観光スポットなどは、ゴールデンウィークになると普段以上に混雑するため、小さなお子さんと一緒となると苦労も多くなります。

そこでおすすめなのが、都心から少し外れた東武東上線沿線へのお出かけです。副都心線、有楽町線など都心から、そして横浜方面からのアクセスもよく、穴場なスポットがたくさんあるため家族でのお出かけに最適です。
今回は、小さなお子さんも楽しめるスポットを3つ厳選してご紹介いたします。

ゴールデンウィークのお出かけに◎ 東武東上線のおすすめスポット3選

1.充実の遊具が子どもに嬉しい「いろは親水公園(志木市)」
埼玉県志木市にある「いろは親水公園」は広々とした敷地が魅力の公園です。園内にはたくさんの自然があるため、のんびりとした1日を過ごしたいという方にぴったり。
河川敷に腰をおろし、春の心地よい風を感じながらゆったりと過ごす時間はまさに至福の時といえるでしょう。
都会の喧騒を忘れ、リラックス気分を味わうことができます。また、子どもがたくさん遊べるように遊具も充実しているため、思い切り体を動かすことも可能です。遊び盛りの小さなお子さんも満足できることでしょう。家でお弁当をたくさん作り、ピクニック感覚でお出かけしてみるのがおすすめです。

2.家族で楽しめるショッピングモール「ワカバウォーク(鶴ヶ島市)」
ショッピングや映画を観てのんびり休日を満喫したいというときにおすすめなのが、「ワカバウォーク」です。
このスポットはアクセスがよく、東武東上線若葉駅東口から徒歩1分という立地なので、電車でお出かけしたい家族に最適です。車で行く場合でも、大型の駐車場が用意されているため安心して訪れることができます。
また、フードコートが充実しているのも魅力の1つ。ショッピングの合間の休憩がてらに、お茶やランチが楽しめます。さらに、休日になるとキャラクターショーがよく開催されるのもワカバウォークの嬉しいポイント。子どもから大人まで、1日楽しめるスポットです。

3.昔懐かしい駄菓子を子どもに教えよう「駄菓子屋横丁(川越市)」
ゴールデンウィークに家族で行きたい東武東上線のおすすめスポット3選最近の子どもがお菓子を買う場所といえば、スーパーやコンビニばかり。一昔前の子どもたちは街の駄菓子屋さんでお菓子を購入するのが一般的でした。このようなパパママ世代の楽しみを、子どもたちに教えてあげるのはいかがでしょうか。

東武東上線川越市駅から徒歩約15分のところにある「駄菓子屋横丁」は、昔懐かしいレトロな雰囲気が味わえるスポットです。
ここには22軒ものお菓子屋や駄菓子屋が軒を連ねていて、各店それぞれ個性のあるお菓子を販売しています。中にはお菓子作りの様子を見せてくれるお店もあるため、子どもと見学を楽しむことも可能です。色とりどりの手作り飴や昔懐かしのふ菓子、焼きだんごや芋スティックなど、たくさんのお菓子を購入して、おいしく楽しいひと時を過ごしましょう。

今回は、小さなお子さんがいるご家族におすすめのスポットを厳選してご紹介しましたが、東武東上線沿線にはまだまだ魅力的なスポットがたくさんあります。さまざまな駅に降り立って、お散歩感覚で街探索をしてみると新しい発見があるかもしれませんよ。ゴールデンウィークは、穴場スポットが多い東武東上線沿線にぜひお越しください。